Infinity

タロット・占星術を中心に、いろいろ見識を深めていこうという心づもり

職場・学校のゴタゴタでしんどくなってきた人向けタロット

タイトルの通りです〜

5月病って言うけど案外6月とかの方が梅雨入りしそうでしないし

今年なんて温度差あって体調も微妙な気がするし

なんてったってお休みの日もないのでね。(←私の一番はコレ)

 

あと4月、5月では見えてこなかった

人間関係の中身がそろそろ見えてくる時期というか。

そういうところで生じたモヤモヤとかゴタゴタをほんのすこしでも

解消していきまっしょいという趣旨のリーディングです。

それでは例の通り見づらい目次からお目当てをどうぞ↓

 

 

①自分は中心では無いが派閥・グループ争い・ケンカに巻き込まれそう

この項目、いいカードが出てくるんですよね。

もしかして、あなたはその対立している人々の間をうまく取り持つことが

できる人なのではないですか?

しかも「こことここ、仲良くしたら相性良さそうなのに」

って感じているのかもしれませんね。

自分には何もできることはないと思ってしまっているかもしれませんが、

あなたの存在こそがこの人たちの中では鍵です。

みんなで仲良くしよう!協力しよう!という姿勢を取ってみてください。

もう一方の悪口か何かを言われても、

「え〜でもあの人は褒めてましたよ」って双方に伝えてみたりね。

なかなか良さそうですよ。

 

②部署やチーム(部活・クラス・サークル)での毎日がしんどい

ちょっと縮こまってしまっているみたいですね。

縮こまっていると周りの反応がキツく聞こえてくるものです。

とりあえず、「過剰防衛かも……?」ってところを意識しましょう。

あなたはそんなに攻撃されていないし、

何ならあなたのことを悪く思ってる人なんて居ません。

ただ、「あの子縮こまってるけど大丈夫かな?」って心配してる人がいるみたい。

とりあえずは、その集団の中で自分のペースを確保しましょう。

真面目にルールを守ろうとしすぎて、自分の首を締めないで。

ほっと一息つくお茶休憩とか、自分の世界、自分のペースは持っておいて。

ロッカーの中にお気に入りのものを置いたり、デスクに好きなものを置いたり。

それから、集団の縁の下の力持ちになることを念頭に置いてみて。

誰かが困っていたらサポートしたり。

そういうことがあなたの心をほぐしてくれるみたい。

 

③学校・職場で敵対心(ポジション、成績)を燃やしてくる人がいてしんどい

うーんこれ、個人間の嫉妬などが原因では無さそうです。

何か全体的に差し迫った状況などがあるでしょうか。

けれど今、あなたは比較的安全な場所にいるのかもしれません。

その人たちは安全な場所にいるあなたがうらやましいみたいですね。

カードが出したアドバイスは、かなりハッキリしています。

「人間関係の喧噪から離れて、一人になってみて」だそう。

だからと言って今居る安全な場所から離れる必要はどこにも無いです。

口数を少なく、何が起きているか、

何が自分や全体に大事で必要なのか、冷静に物事を見つめるようにしましょう。

守りを固めておいて。心理的な避難が大事です。

あなたが安心できるならガッチガチでもいいですよ笑

このゴタゴタはもしかすると時間の問題かも。

 

④自分の悪口・良くない噂を聞いてしまってしんどい

 いや〜〜〜すごい。

もしかして、あなたはリーダーの役割を担っていますか?

あなたはこの場にいなくてはならない人です。

なので悪口や良くない噂もはねのけられます。

周囲「あいつはどうでこうで……」

あなた「それで?」

という感じです。

アドバイスは、自分の湧き上がる思いに正直になってとのこと。

もしかすると言葉を選ぶ人だからこそ、

口数が少なくなって誤解を与えてしまう時もあるのかもしれない。

 そういう時は思いをそのまま皆に伝えて。言葉でも、態度でも。

あなたには情熱があり、溢れんばかりの感情があります。

感情を味方につけてください。これは最強ですよ。

 

⑤ケンカとまではいかないがよそよそしい人がいてしんどい

 お相手の方なんですが、ちょっと気分屋さんだったりします?

あるいはすごく素直だったり、直情的だったり。

よそよそしいどころか、

あなたのことを「この人は自分のことをよく理解してくれている」

って甘えている気がしなくもないです。

あなたはこのお相手との関係を「なんだかな〜」と思っているようですが、

あとひと工夫さえすれば大丈夫そうですよ。

そのひと工夫を知っている人がいるみたいです。

周囲に「みんなの中心!爽やかムードメイカー!」みたいな人は

いませんでしょうか。その人にアドバイスを聞いてみて。

その人以外にもたくさんあなたの話を聞いてくれる人はいるみたい。

その人たちがきっといいアイディアを出してくれるはず。

 

 

とりあえずこんな感じです〜

また思いついたらやりますね。

 

それでは。