Infinity

タロット・占星術を中心に、いろいろ見識を深めていこうという心づもり

週間タロットリーディング 2018.11.14〜2018.11.21

先週はいかがお過ごしでしたでしょうか。

蠍座新月があり、木星の射手座への移動があり……

自分はどうするか、ということを決めて

ちょっとすっきりした気分の方も多いのでは?

 

それでは今週どうでしょうか。

今回はタロットとともに

また違うオラクルカード(シャドウ&ライト)を使ってま〜す

 

 

全体の雰囲気

ソード9

18:Violet dutches

 

意識の持っていき方

ワンド エース

1:Ghost of the pumpkin patch

 

自分で出来うること

女帝

21:Angel of alchemy

 

 

全体的に、「過去を考えている人が多い」と感じました。

蠍座新月(今月8日)の影響がとても色濃いようです。

終わりにしたもの、終わりにしようとしているもの、

そしてもう一度蘇らせると決めたものについて

あまりすぐに前へ前へと動こうとはせずに

深く考える(むしろちょっと考えすぎる)というのが世の中の全体的な雰囲気です。

 

さて、ここでどう(最善の方向へ)意識を持っていくかなのですが、

今自分の手の中にあるもの、

これから芽吹こうとしているものに目を向けてみてください。

物凄いスピードで変化が進んでいると肌で感じている方も

多いのではないでしょうか。

何か不安に苛まれているなら、自分の中の純粋さも思い出してみてください。

すでに多くの恵みが手元にあります。

きっと目が覚めるようにそのことに気づくはずです。

 

自分で出来うることとしては、

失っていたものや失ったものだけではなく

「実は手元にある、残されている」というものに目を向けてみましょう。

意識をどう持っていくか、という項目と被っていますが

その残っているものを再認識して、

先週のように自分自身がこれからどうしたいのかを考えることで

明るい道が見えてくるようです。

そのためにはゆっくり、胸騒ぎをおさめるように休みましょうか。

カードが繰り返し同じことを言ってきているような。

自分がどうにかしないと、というのを一旦止めて

「無」になる、静観することで

解決策がじわじわと浮かんでくる方もいるかもしれません。

あるいは、状況の解決を引き寄せるのかもしれません。

 

 

ちょっと時系列を整理すると、

蠍座新月木星の射手座への移動が先週あり、

これから11月23日の双子座満月、

12月7日の射手座新月と段階が進んでいきます。

 

個人的に木星射手座期のマジのスタートは12/7の射手座新月だと思っています。

そのため、今現在は「回想劇の終盤」の

ガチクライマックスをちょっと超えたところで、

これからどんどん状況が動きながらも収束していくのではないかと。

 

そして次の射手座新月はなかなか鋭い角度を持っているので

「ワァ〜〜イ、新天地だよォ〜〜〜(ダブルピース)」という甘い匂いは

そんなにしないかな。

むしろ今が苦しい、

これまで苦しかったという方こそ、

地に足をつけて次の冒険へ進めるような感じです。

その方が何倍も安全で、足取りが確かです。

だから、何も無駄ではないようですとお伝えさせてください。

 

 

この木星蠍座一年間、皆様はいかがでしたでしょうか。

蠍座マジでヤバすぎわろた(鬼疲労)というのが私の感想です。

底の底の……ンン〜〜〜底っ!!って感じでしたね。

蠍座の皆さんなんかすみません)

けれど、良くないものは出切ったのではないでしょうか。

何が真実なのかを見極めるというのも大きなテーマだったように思います。

すごく楽しかったという方も

しんどかったという方もいたのではないかと思います。

皆様お疲れ様でした。

 

そして何が本当に欲しいのかを知った後、

それを求めていく、どんどん手に入れていく一年が

もうすぐそこまで迫っています。

楽しみ楽しみ。

 

それでは良い一週間を。